特定非営利活動法人 NPO文化学習協同ネットワーク
2013年3月 認定NPO法人取得

スタッフ紹介

若いスタッフが、それぞれの思いを込めて活動中です。

  • フリースクール
    事業部
  • 若者支援
    事業部
  • 社会的
    事業部
  • 生活困窮世帯の
    子ども・若者支援部
  • ユースワーク
    事業部
  • 研修
    プログラム
平岩 亜妃子(ひらいわ あきこ)
最近は、高校生の数学もみられるように修行中。
大学生のころからボランティアとして活動に関わり始め、アルバイトを経てスタッフになりました。いまは、子ども発達支援部門全般を担当しています。最近は、高校生の数学もみられるように修行中です。 好きなことは、農作業、ぬいぐるみ遊び、お絵かき、手芸、お菓子作り…。運動はとっても苦手ですが、ここの運動は大体がゆるいので、私でも何とか楽しめます。だから、何でもみんなで一緒に楽しもう!
兼子 翔太(かねこ しょうた)
思いっきり楽しみ、辛いことは一緒に乗り越える。
かつて文化学習協同ネットワークの学習センターで勉強を教わり、今は不登校の子どもたちの居場所「フリースペース コスモ」を中心に、子どもに関わる仕事をしています。 子どもたちと一緒に過ごす中で、自分の足りない部分や苦手な部分がたくさん見えてきます。しかし、楽しいことは思いっきり楽しんで、辛いことは一緒に乗り越えながら共に成長し、楽しい、気持ちいいと思えることを自分で作っていけるような人を目指して、日々過ごしています。
本田 紗菜(ほんだ さな)
“一緒に成長していく”それが目標です
学生時代、インドアでいることに自信を持って生きてきた本田にとってコスモは未知の世界です。正直何をやり出すのか分からなくて怖いくらいです。でも、そんな毎日は本田を成長させてくれるかけがえのない日々です。そのような毎日の中で子どもたちと一緒に葛藤し悩みながら、時間を共に過ごし、たくさんの気持ちを共有していきたいです。スタッフの中で誰よりもコスモっ子な本田にできることを日々模索していきます。
見尾田 直(みおた なお)
学ぶって難しい…日々模索中
コスモで「学ぶこと」に真正面から関わる機会を得て、日々働きながら感じることは、自分の引き出しの少なさや苦手なことばかり。それでも、自分がこれまで経験してきたこと、学んできたことを子どもたちと共有しながら、一緒に成長していければいいな、と思います。ゆる~い雰囲気の中で、みんなで考えて、みんなで創る。そんなコスモの文化がとっても好きです。一緒に模索や葛藤しながら、毎日を作っていきましょう!
高橋 薫(たかはし かおる)
人との関わり方も働き方も、その学び方さえも学ぶ。
社会福祉士&精神保健福祉士 学習センターに中1から入り、高校、大学浪人(2浪!)時代を協同ネットで過ごしました。そして地方の大学、高齢者支援を経て、2007年にスタッフとして戻ってきました。 協同ネットではもちろんですが、小さいときからずっと、たくさんの仲間や大人たちとの心地よい関係のなかで過ごずことができたと感じています。これからも、自分自身がそういった関係や場のなかで生きていきたい。そのために、人との関わり方も働き方も、その学び方さえも、学んでいる最中です。
有川 碧(ありかわ みどり)
あなたが幸せに生きていける世界は、きっとあるよ。
学生時代に、ボランティアとして文化学習協同ネットワークと関わり始めました。現在は若者支援事業部の一員として、生活保護世帯支援事業や高校連携事業を担当し、日々若者たちと過ごしています。 彼らの深い苦悩に直面することもありますが、それでも「あなたが幸せに生きていける世界は、きっとあるよ。一緒にそこに向かっていこう。一緒にそれを作ろう」というメッセージを絶えずいろいろな形で伝えながら、若者と他者、地域、社会とをつなげていきたいと思っています。
雨宮 健一郎(あまみや けんいちろう)
いっしょに考えていきましょう。
フリースペース「Link」の支配人見習いです。日々若者達と戯れつつ過ごしています。1人で出来ないなら2人でやればいいんです。わからないことは聞けばいいんです。聞かれてわからないことは一緒に考えればいいんです。言い忘れましたが趣味はゆる~い登山とROCKです。お見知りおきを。
斎藤 知彦(さいとう ともひこ)
共に悩み、道を切り拓きましょう。
教職から離れて約10年。この度、若者支援事業部で相談員及び学校連携担当として携わることになりました。きっかけは3.11の震災の時の石巻でのボランティア活動で、人の役に立つことの大切さを痛感したことでした。 若者と共に悩み、一緒に道を切り拓いていければと思っています!
小野寺 美紀(おのでら みき)
一緒に歩いていきましょう
これまで予備校で進路や生活の相談・指導を担当し、多くの若者と接してきました。現在みたかサポートステーションで若者支援相談員をしています。仕事や進学に向けて悩んでいる人、もがいている人と一緒に歩いて、ゴールを目指していきたいと思っています。まずお話を聞かせてください。趣味は韓流ドラマや海外の料理番組なんですが、大阪出身なので深夜TVの吉本新喜劇にも癒されます。どうぞよろしく。
小清水 公一(こしみず こういち)
はじめるときはワクワクでいっぱい!
あちこちの居場所に行って、みんなからコッシーと呼ばれています。居場所での若者との関わりにはいつも悩んでいます。それは、私達と彼らに大きな違いが全然ないから。だから毎日がもっと楽しいことを知ってほしい。そんな想いで日々若者と関わっています。
佐藤 礼子(さとう れいこ)
生きるってステキ!
こんにちは。サポステで相談員をしています、佐藤礼子です。ひょんなことがきっかけで協同ネットで働き、ひょんなことがきっかけで練馬事業部で働いています。「縁」や「偶然」の連続が、今の自分をこの場所に導いている気がしています。これらのいただいた「縁」や「偶然」を育みつつ、学びながら日々過ごしていきたいと思います。ただいま「生きるってステキ!」っていうことを、みんなと一緒に実感しているところです。よろしくお願いいたします。
佐藤 孝典(さとう たかのり)
笑顔の子どもや若者が増えることを願って。
はじめまして、子ども・若者支援スタッフの佐藤孝典です。 東京都内のご家庭や学校などの相談を担当しています。笑顔の子どもや若者が増えることを願って日々働いています。 現在、子育て奮闘中。趣味は音楽とサッカー。皆さんとも、どこかでお会いできればうれしいです。
田所 勇(たどころ いさむ)
共に未来へ歩んでいきましょう。
練馬サポートステーションにて、主に学び直しや相談業務を担当することになりました。 今日の世の中は何かと生きにくいと感じることが多くなりましたが、一人ではなく仲間と社会につながりを持てればきっと自分らしい未来が開けることでしょう。共に歩んでいきましょう。
相澤 広範(あいざわ ひろのり)
「なんとかなるさ」を探しに行こう!
元気で順調じゃないからサポステに来るんですよね。僕もここが10か所目の職場。決して順調だったわけではありません。学習塾の講師、夜勤のメッキ工、老人ホームの調理助手・・・、文字通り職を転々としてきたわけです。資格もなく、能力があるわけでもないけど、なんとかやってきた。だからみなさんも、きっとなんとかなります。1人じゃ見つけにくい「なんとかなるさ」を、仲間といっしょに見つけよう。
中村 祥子(なかむら さちこ)
もう一人ぼっちじゃないよ
サポステで相談員をしています。子育てと仕事の両立にてんてこ舞いだった20~30代を通り過ぎ、気がつけばどんな集まりでも「お母さん」と呼ばれる年齢に(ちょっと前まで「えっ、お子さんがいるの?」って驚かれてた気がするのになぁ)。これまでいろんな人に助けられてきたことへの恩返しのような気持ちでサポステに居ます。人と出会うことで、「ダメな自分」を突きつけられて落ち込むことも多いけど、「まんざらでもない自分」を発見できることもある。とにかくここに来れば、もう一人ぼっちじゃないよ。
鏡 元(かがみ げん)
趣味は音楽活動、休日はクラブでDJ。
さがみはら若者サポートステーションの相談員として、また居場所のプログラムスタッフとしても活躍中です。趣味は音楽活動で、休日はクラブでDJをしています。
佐藤 真一郎(さとう しんいちろう)
彼らとともに、社会と向き合い続ける存在でいたい。
特別支援教育士 小学生の頃から、学習センターの生徒として過ごしてきました。スタッフとしての関わりは、大学時代にフリースペース コスモのボランティアとして参加し始めてから。不登校をしている子どもたちとの出会いは、競争社会のレールから苦しみながらも降りられなかった僕の価値観を、大きく揺さぶるものになりました。 自分とは何者なのか、どう生きるのか...コスモのメンバーと活動し、学びを作る時間の中で、僕自身も成長させてもらいました。これからも、彼らとともに社会と向き合い続ける存在でいたいと思っています。
成田 洋平(なりた ようへい)
共に遊び、学び、お互いを認め合う場を目指して。
世田谷区の野毛青少年交流センターでユースワーカーをしています。 日常の遊び、学びを通じて、若者が社会の一員として生きていくために必要な“自己肯定感”を得ていく活動のパートナーとなっていきたいと思っています。 「のげせい」にはたくさんの多様な若者が集まってきます。 自分を認めていく事は誰かを認めていくことであり、誰かを認める事は自分を認めていく事だと、そんな気づきにつながっていく素敵な出会いの場をみんなと創っていきたいです。
中村 孝太郎(なかむら こうたろう)
シンプル・イズ・ベスト
世田谷区・野毛青少年交流センターで、非常勤にてデザインを担当しています中村孝太郎です。風通しの良いシンプルな関係性を築けるような「デザイン」を若者支援の現場にも作っていければと日々頑張っています!
櫻井 龍太郎(さくらい りゅうたろう)
子どもだって若者だって一緒に社会を作るパートナー
小学生の時から世田谷という地域で遊び、学び、活動していました。そんな中「まだ子どもなんだから」「若者のくせに」という言葉に疑問を感じていましたが、逆に自分たち若者の背中を押してくれる大人との出会いも多くありました。 子どもだって若者だってこの社会を生きる人間。大人のパートナーとしてこの街を、この社会を楽しく一緒に作っていくことができたらいいなと思っています。
松本 裕美(まつもと ひろみ)
みんなちがって、みんないい
若者支援事業部で相談員および学校連携担当をしています。 1人で考えてもどうにもならない時、誰かに話してみると何かが変わったり、できることがみつかったりすることもある。1人より2人、2人より3人、というように色々な人とつながっていくことができる場を作っていきたいと思っています。
清水 貴之(しみず たかゆき)
教育も音楽も、オルタナティブが大好き!
さがみはら若者サポートステーションで、生活保護世帯の子どもたちを対象とした中3勉強会を主に担当しています。趣味は音楽鑑賞。教育も音楽もオルタナティブが好きです!
大成 博之(おおなり ひろゆき)
元気があれば何でもできる!!
相模原にて、若者とともに笑い、泣き、遊ぶ毎日を送ってます!相模原にはニローネや藤野など面白い空間や人材が山ほどあって、自分次第でどんどん世界が広がっていく感じ。生き方なんていろいろある!それを体感するような出会いの輪をひろげようぜぃ!!
十時 崇(ととき たかし)
ここには一風変わったオモロい人たちがいっぱいいる
「なんかイヤだな、変だな、おかしいよ(オレ…じゃなくて)この世の中」そんなふうにずっと感じていて、だから「教育を変えることで社会を変えよう」なんて大それた企てを抱きながら生きてきた。 ここには一風変わったオモロい人たちがいっぱいいるから、気の合う人が誰か見つかるんじゃないかな。 君が安心して自分を出せる“居場所”と、一緒に楽しくやれる“仲間”を見つける手伝いができるんじゃないかと思ってます。ヨロシク!
織田 鉄也(おだ てつや)
どうやらギャップがウリらしいですw
さがみはらサポステ他称ちゃらめ担当の支援スタッフです。でも自称は真面目なんですけどね。誤解されやすいタイプなんですよ、多分。あと、よく声がデカくて、スタッフ会議では3回に1回は空気読めてない発言をするらしいです。相談員でもあるんですけどそれで良いんですかね?…って自問自答しちゃったよ。まったく。とにかくそんなわけで、たまに他のスタッフに鬱陶しがれてるんですけど凹まずやってます。元気です。
矢口 豊(やぐち ゆたか)
できなかったことに取り組む、あくなき挑戦が大切!
小学生から高校まで学習センターに通い、その後の数年間はスタッフとして高校生セミナーに関わりました。その後、自動車関係で十数年仕事をしましたが、再び協同ネットで仕事をすることになり、コミュニティベーカリー 風のすみかの工場長をしています。 就労研修で、仕事をおもしろくするかどうかは自分しだい。今までできなかったことに取り組む、あくなき挑戦が大切です。ちゃんとやれば必ず見ている人がいるし、少しずつでも「できた!」という達成感を感じていく。そうしたおもしろさを、ぜひ伝えていきたいと思っています。
廣瀬 日美子(ひろせ ひみこ)
研修生と伴走しながら奮闘する毎日。
コミュニティベーカリー 風のすみかの研修生担当をしています。みんなに「ひみこさん」と呼ばれています。毎日行われる研修後のミーティングや個人面談では、一人一人と対応しながら研修生の支援を行っています。時には励まし、叱咤し、喜び、研修生と伴走しながら日々を送っている感じです。 「大丈夫、きっとここからなんとかなる」「人の中で生きていける」という働ける手ごたえと、自分と人への信頼を回復していく。「すみか」研修がそんな場所でありたいと思いながら、研修生と奮闘する毎日です。
淺井 龍彦(あさい たつひこ)
自然や食を通じて、皆さまの力になりたい。
二ローネで、主に農場を担当しています。自然や食を通じて、利用者の皆さまの力になれればと思っています。 お酒こよなく愛しています。特にワインは思い入れがあり、ひとりでも多くの方々に浸透するよう地道に活動しています。
山口 解(やまぐち かい)
愛する故に我あり
農場担当。音楽・音響・クラフトビール・マリアージュする食・自然・パーティ・旅を愛する楽観主義者。人生のテーマはバランス。座右の銘は愛する故に我あり。3児の父。お隣は「すみか農場」古民家の大家さんです。

このページのトップへ

認定NPO法人 文化学習協同ネットワーク 〒181-0013東京都三鷹市下連雀1-14-3 TEL:0422-47-8706 E-MAIL:center@npobunka.net